西日本旅行業協同組合



理事長挨拶

 

 2018年7月18日付で、西日本旅行業協同組合の代表理事に就任致しました松浪です。私自身、旅行業界出身ではありませんが、2006年より中小企業診断士として客観的・専門的な立場から観光ビジネスの研究や経営支援に取り組んでまいりました。その知識・経験を旅行業界の発展に活かすべく、6代目理事長をお引き受けすることになりました。

 西日本旅行業協同組合は、1993年(平成5年)に西日本の中小旅行業者の成長と旅行業界の発展を目的に設立された事業協同組合であり、国土交通省の近畿運輸局認可の事業協同組合でありながら、2010年(平成22年)に自ら第3種旅行業を登録し、国内団体向けの受注型企画旅行を中心とした事業活動も積極的に実施しております。

 当組合は、大手旅行業者と競合・対抗するものではなく、共生・協調し、中小旅行業者としての強みを活かして、従来の旅行業界の枠に留まらず、製造業・卸売業・小売業・サービス業など、非常に裾野の広い観光業界の発展を視野に入れ、旅行業界と観光関連業界とのwin-win関係を構築できる事業協同組合を目指してまいります。

 また、旅行事業には、海外旅行事業と国内旅行事業がありますが、いずれも各国の情勢や地震・台風等の災害にも大きく影響を受ける業界であり、旅行業界特有の薄利多売や長時間労働といった負のスパイラルからの脱却を図り、良質な旅行商品を適正な利益で企画販売し、やりがいのある旅行業界にすることを目指してまいります。

 昨今、訪日外国人(インバウンド)旅行者数が年々増加し、旅行業法の改正(平成30年1月4日施行)に伴い、新たに旅行サービス手配業(ランドオペレータ)の旅行業法における登録が義務付けられるなど、旅行環境も目まぐるしく変化しておりますが、その時代の変化にも柔軟に対応してまいります。

 当組合の会員には、第1種〜第3種の旅行業登録を有する旅行会社(正会員)はもちろん、ランドオペレータ、旅行システム会社、保険会社などの賛助会員が在籍しており、1993年の設立以来、豊富な知識と経験を持った会社が集まり、各社からの最新情報・優れたシステムを基に、毎月の月例会や夏・冬のイベント行事で有益な情報交換や交流が行われています。中小企業が集まった事業協同組合ならではの特徴を活かし、共同仕入、共同販売にも積極的に取り組んでまいります。

 現在旅行業に従事しておられる方、これから旅行業としての起業をお考えの方、是非、当組合にご参画いただき、共に切磋琢磨していただければ幸いです。


2018年7月18日 西日本旅行業協同組合
  理事長 松浪 辰也


旅行のお問い合わせはこちら

大阪の団体旅行・グループ旅行



-
Copyright (c) 2002 West Japan Travel Agents Cooperative Association All Right Reserved.

 

サイトトップ